電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して

充電と放電を制御

ソーラーパネル

通常時にも災害時にも

太陽光や地熱など再生可能エネルギーとして使われているエネルギーはたくさんありますが、その多くは発電したものを送電線で送ることで利用しています。再生可能エネルギーを使う目的は、化石燃料を使うことによって発生する二酸化炭素の量を削減することと災害時で停電になったときでも問題なく電気が使えるようにすることがあります。特に上下水道などのインフラや病院や公共交通機関では停電になって機能がストップしてしまうと大問題となるため、再生可能エネルギーシステムの導入が進められています。再生可能エネルギーシステムは太陽光や風力など種類に応じない再生可能エネルギーを蓄電池に貯めておいて、充電するだけでなく、充分な量があるときには放電して、通常の電力として利用することができます。充電や放電に関しては再生可能エネルギーシステムが常に監視をしていて、平常時や災害時で最適な電力供給を可能としています。平常時には電力会社からの買電が少なくなるようにピーク時に蓄電池からの電力を利用するように再生可能エネルギーシステムは制御するようにしています。ピークをカットすることによって契約電力を低減することができます。災害時や停電時には蓄電池からの放電をすることになりますが、太陽光などからの発電もありますので、再生可能エネルギーシステムによって完全な制御を取り、無駄なく電気を使えることになり、停電が長時間続いたときでも通常の運転ができるように設計されています。

Copyright© 2018 電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して All Rights Reserved.