電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して

節電を徹底するために

葉っぱ

使用量を見える化

事業所における電気料金を削減しようと考えている経営者の間でデマンドコントロールが人気になっています。一般家庭では電気料金は直接自分達の財布に響いてくるので家族全員が節電を心がけて実行することができますが、事業所では社員の間で節電意識の温度差が大きくなりなかなか節電を徹底することができません。経営側からのトップダウンで空調を強制的に停止したりすると作業能率が低下してしまい、同時に社員の意欲も低下させてしまいます。電気料金を節約するには、使用料の他に基本料金も下げることができます。事業所のように高圧を受電している場合は、一年間の最大デマンド値を基準にして基本料金が設定されます。単純にデマンド値を低く設定すれば、基本料金は下げることができますが、電力量が設定したデマンド値を超えた場合には違約金を支払わなければいけません。つまり、消費電力の最も多い月で基本料金が決められることになるため、一年を通して考えると無駄な電気料金を払っていることになります。デマンドコントロールは消費電力の多い月のデマンド値を抑制することで基本料金を引き下げる役割を果たします。デマンドコントロールシステムと呼ばれる装置を取り付けることによって、単位時間当たりの電気使用量を見える化することができます。デマンド値がある値を超えた場合にはアラームを鳴らしたり、自動的に電気使用量を制御することによって電気使用量を落とします。また、デマンドコントロールのデータを社員に提示することによって社員の省エネ意識を高めることもできます。

Copyright© 2018 電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して All Rights Reserved.