電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して

電気代とその仕組み

エコ

使用量の制御

オフィスや工場など大きな電力を使用する施設においては、一般家庭などと異なる契約形態で電力の利用契約がされている。それにより、企業などでは個人宅と異なるプランで電力料金の支払いなどが行われている。個人宅と業務利用で大きく異なることとしてあるのが、オフィスなどでは一定時間にどの程度電力を使用しているてかということが基準とされていることである。この値をデマンド値と呼び、デマンド値に応じて料金体系が変わるという構造になっている。これらのデマンド値を抑えることができれば、電気料金も抑えられることになる。デマンド値を抑えるために利用されるものとしてあるのが、デマンドコントロールである。デマンドコントロールでは、使用電力を監視し設定した電力量を超えないように制御するための機器である。デマンドコントロールを導入することで、電力使用量を一定以下に抑えることができ、電気料金の節減に繋げられる。デマンドコントロールを導入する際には、その事業所でどの程度の電力を常時使用しているかを把握し、その程度の使用量に抑えるかの目標値を事前に決めることが重要である。デマンドコントロールでは、業者に依頼することで機器設置などを行なってもらえる。通常の機器では、電力の使用水準を監視し、一定の利用量を超えたら警告などで知らせてもらえる機器となっている。デマンドコントロールでは、一定水準を超えると電力の供給を止めるといったものもある。

Copyright© 2018 電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して All Rights Reserved.