電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して

エコ

電気代とその仕組み

企業での電力料金は家庭での料金体系と異なり、デマンド値という値が重要になっている。これらを監視し一定水準の利用量を超えないようにするための機器が、デマンドコントロールである。導入することで、電気料金低減につなげられる。

本当に電気代は安くなるか

電力自由化

シミュレーションで確認を

従来、日本ではライフラインや企業活動などに欠かせない電力の安定供給のため、大手の電力会社が地域を独占的に電力を供給する仕組みがとられていました。そのため、市場競争が働かず、他に選択肢がない分、電気料金が高いと感じても他を選ぶこともできず、電力会社の定める料金を当たり前のように支払っていました。ですが、電力自由化の解禁で従来の大手電力会社以外でも電力供給ができることとなり、地域独占の仕組みも撤廃されて、大手の電力会社も地域の垣根を超えて電力契約の締結が可能となります。電力自由化により、ユーザーには選択肢が広がり、これまでより電気料金が安くなる事業者を比較して選んだり、料金以外でメリットがある事業者や価値観や考え方に見合う事業者を比較して選ぶことができるようになります。電気料金が安くなるのかを比較したい際は、単に料金単価やプランを比較するのではなく、ご家庭の電力消費量や利用時間帯をもとに具体的にシミュレーションして比較するのがおすすめです。また、通信料金やガス料金、ガソリン代など他の費用とトータルで安くなるセット割などのプランを提供する事業者も登場しているので、よく利用するサービスも踏まえて電力自由化の恩恵を受ける検討をしましょう。価値観や考え方で電力自由化を比較するというのは、たとえば、地球温暖化が気になる方や温暖化防止に貢献したい方、環境に優しいエネルギーを使いたいという方にお勧めの方法だといえます。二酸化炭素排出量の多い火力発電やリスクがある原子力を用いる事業者ではなく、太陽光や風力、バイオマス発電をもとに電力供給をしてくれる事業者を選びましょう。再生可能エネルギーシステムを活用することで、より環境に良くなり自身にもメリットが得られるでしょう。太陽光発電システムを導入することにより、電力を確保することができ電気代を節約することが可能です。また、余った電力は買取してもらうこともできるので再生可能エネルギーシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電

導入前に確認すべきこと

再生可能エネルギーシステムとは、太陽光などの再生可能エネルギーを使って発電するシステムのことです。太陽光発電が最も導入されており、補助もでているのでリスクは少なくなってきています。導入前にはコストなどを総合的に考えるのが重要です。

模型

よりお手頃な価格を探そう

電力自由化によって、電力会社を自由に選べるようになっています。メリットを各会社ごとに比較して検討することで、自宅の電力料金の低減や、よりお得なサービスを得られる可能性があります。比較してサービスを探せるサイトを有効に利用してみましょう。

葉っぱ

節電を徹底するために

経営者の間でデマンドコントロールが人気になっていますが、その理由は社員にデータを示すことによって全員の省エネ意識を高めることができるからです。また設定した電気使用量に達するとアラームを出すなどして節電に寄与することができます。

ソーラーパネル

充電と放電を制御

再生可能エネルギーシステムは太陽光などで発電した電気を蓄電池に充電したり、放電して電気を使ったりすることを制御するシステムです。通常時には電力会社からの買電を少なくすることができ、災害時にも長時間通常作動ができるように設計されています。

Copyright© 2018 電力自由化で業者比較!家庭の電力消費量や利用時間帯も考慮して All Rights Reserved.